漢方の健康堂

-KENKOUDO-

まずはお気軽にご相談ください。

  • Tel 072-982-9337
  • 定休日 水曜日 受付時間 9:30~16:30

体質改善するカンタンな方法

体質改善するカンタンな方法

いろいろな病気を早く治すポイント

私の生まれた50年前日本人の平均体温は36.8℃でしたが、今現在、日本人の平均体温は36.0℃にも満たないと言われ、1度近く平均体温が下がっています。 たった1度ですが免疫力は30%近くも低下してしまいます。
睡眠時間運動不足日頃摂取している飲食物他いろいろな悪原因が積み重なり、現代の人々は低体温化し免疫力の低下を引き起こし、アレルギー症状、精神障害、悪性腫瘍が発生しやすくなります。
逆に言えば体温を正常に近づければいろいろな病気に治りやすくなります。
今回は低体温に影響しやすい飲食についてお話し致します。

日常的な食べ過ぎや、油濃いものは当然良くないのですが、以外と気づいていない人が多いと思うことがあります。
それは飲食物を摂取する時の飲食物の温度です。冷蔵庫に飲食物を保存すると長く品質が保てますが、冷蔵庫に入れた飲食物は当然の事ですが、そのまま飲食すれば身体を冷やします。
冷蔵したサラダ、お茶、お水等、冷蔵するのが当たり前になっているので忘れてしまいますが、冷えている飲食物は体温を下げます。 少し位、大丈夫と思っていても、毎日の積み重ねは以外と体温を下げてしまいます。 単に少しの注意で1年2年後には体調も変わります。
オーバーかも知れませんがこんなちょっとした気付き、注意で人生が変わる事もあると思います。

この話しを患者さんにすると「私はお水やお茶は冷蔵庫に入れずに常温にして気を付けているので大丈夫」とお話しする方も多く居られます。 この常温にも注意が必要です。
常温は季節により冬は1℃位から夏は40℃位に変化します。冬の常温(夏以外)は冷蔵庫よりも温度が低い時もあります。 ですから「常温」ではなく「体温」を基準にして「体温」より高い飲食物を摂取するようにされれば、たったこれだけの事で、1年2年後に体質も変化していきます。
軽いアレルギー症状等は以上を注意するだけで、症状が少なくなる方が多数います。

症状の重い多種疾患は体温に着目したバランスを整える漢方服用が解決への近道です。